認知症の母親を黙らせるために布団をかぶせた 母親を死亡させた疑いで息子を逮捕

「母親を黙らせるためにやった」
同居する母親の顔に布団をかけて放置し死亡させた疑いで46歳の息子が逮捕された。

逮捕された福島県南相馬市のパート従業員・愛原正人容疑者(46)
4月2日、自宅の寝室で横になっていた母親の隆子さん(当時70)の顔に布団をかけて放置し、死亡させた疑いが持たれている。

愛原容疑者は母親の介護をしながら2人で暮らしていた。
近所の人 : 「集まり事には全部来るし、良い人だったよ。嘘みたいな話だな」
近所の人 : 「何年と寝たきりの親を、下の世話からご飯から自分も働いて。並の生活ではないと思うよ」

司法解剖の結果、隆子さんの死因は窒息死で、顔には呼吸ができないほどの布団がかけられていたという。
調べに対し愛原容疑者は「認知症の母親を黙らせるために布団をかぶせた」などと容疑を認めている。

(福島テレビ 県内ニュース

 


 

その他の 家族介護事件簿 は こちらのページ でご覧ください。

家族介護事件簿 認知症の母親を黙らせるために布団をかぶせた

©2021 DIS SHOP

ユーザー名とパスワードでログイン

ログイン情報を忘れましたか?